〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版   日本近代と心霊学
5fe546c7f0b1080e291f5c9c

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版   日本近代と心霊学

¥3,080 税込

送料についてはこちら

一柳 廣孝(イチヤナギ ヒロタカ) 1959年、和歌山県生まれ。横浜国立大学教育学部教授。専攻は日本近現代文学・文化史。著書に『怪異の表象空間――メディア・オカルト・サブカルチャー』(国書刊行会)、『無意識という物語――近代日本と「心」の行方』(名古屋大学出版会)、『催眠術の日本近代』(青弓社)、監修に「怪異の時空」全3巻、編著に『オカルトの帝国――1970年代の日本を読む』『「学校の怪談」はささやく』『心霊写真は語る』(いずれも青弓社)など。 1970年代のオカルトブームによって広く知られるようになった心霊現象の数々。現在では多様なメディアがこれらのアイテムを物語に取り込み、消費している。では、これらを束ねる「心霊」という解釈格子は、はたしてどこからやってきたのだろうか。 明治半ば以降、一気に広まった不思議な遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件を掘り起こし、それらに通底していた心霊学と科学の相克を描き出す。 「信仰」「迷信」「心」と「科学」のあわいに発生して、多くの人々の耳目を引いた明治期のオカルト現象から、日本の近代化の一側面を照らす怪異研究の古典を復刊。千里眼事件の再検討や大正期の催眠術の受容、「こっくりさん」の戦後を扱った論考を増補し、東雅夫氏による解説も所収する。