小説の生存戦略   ライトノベル・メディア・ジェンダー
5eb508ea7ed55f1cf3c2d725

小説の生存戦略   ライトノベル・メディア・ジェンダー

¥2,200 税込

送料についてはこちら

大橋 崇行 作家。東海学園大学人文学部准教授。専攻は日本近代文学。小説に『浅草文豪あやかし草紙』(一迅社)、著書に『言語と思想の言説』(笠間書院)、共編著に『ライトノベル・フロントライン』全3巻(青弓社)など。 山中 智省 目白大学人間学部専任講師。専攻は日本近代文学、サブカルチャー研究。著書に『ライトノベルよ、どこへいく』(青弓社)、『ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語』(勉誠出版)、共編著に『ライトノベル・フロントライン』全3巻(青弓社)など。 映画、マンガ、アニメ、ゲーム、テレビドラマ、ウェブサイト――活字で書かれた小説でなくても、現代文化では様々なメディアを通じて物語が発信され、受容されている。多様な表現ジャンルの価値がフラットになるいま、小説にはどのような可能性があるのか。 現代の小説の枠組みを確認するために、マンガやアニメ、ゲームなどのサブカルチャーを雑食的に取り入れて発展・成熟を遂げてきたライトノベルの方法や様式を検証する。そのうえで、ジャンル間を越境してコンテンツを接続するメディアミックスのあり方、図書館や教育での小説の位置、ジェンダーや2・5次元との関係性などを照らし出す。 小説が現代の多様な文化のなかで受容者を獲得し拡張する可能性、サバイブする戦略を、多角的な視点から解き明かす。